人材募集


saiyou3

訪問看護ステーション 開設 スタッフ募集
なぜ

川崎の地域包括ケアシステムの中で地域に合った在宅介護を提供したい

2025年度問題として、高齢者がこの年まで増え続けます。2025年から30年間高齢者人口が一定になると言われています。これに向けて厚生労働省は地域包括ケアシステムを完成させるために様々な策を練っています。その中で言われているのが介護施設の不足です。特に特養、認知症グループホームなどです。ここの入れない人はどうするか?また病院の平均在院日数(=入院期間)も徐々に短くなってきており、家に早く帰されるようになっています。実際に川崎、神奈川より施設不足が進んでいる都内では、在宅での看取りが増えてきています。そして最期を自宅で迎える人が増えてきます。
その切り札は地域包括ケアシステムと言われています。全国に開設している地域包括支援センターを中心に在宅での介護を中心に環境を整えています。その中心は訪問看護師です。私たちが地域で在宅の介護をやっている中でどうしても力が不足しているのが看護師の方の力です。一緒に取り組んでくださる方を探しています。
どんな会社

全国で頑張っている法人と連携をしながら、地域に還元する

全国の方々と一緒に医療・介護に取り組んでいます。

地域ケア総合研究所

地域包括ケアシステムの中で自法人がどのように地域での役割を果たすかを追求するグループです。

①-2地域ケア総合研究所介護寺子屋

地域の中で頑張っている医療(~300床以下の病院)介護の法人の勉強会。

総合ケアサービス(北海道小樽)

北海道グループホーム協議会のお世話役。
小樽で医療介護事業者の集め、事業所間連携で地 域包括ケアシステムを担う取り組み。

若武者ケア(横浜)

神奈川の民間訪問介護の中小企業のエース、新卒を中心に事業所を組み立てています。横浜を中心に在宅系には自信。

池ちゃんちドリームズケア(静岡)

介護、障がいを看護師中心に小規模多機能、デイサービスなどで地域の重度者を

宗明会(長野安曇野)

小規模多機能で訪問看護、訪問介護で地域の医療で困っている介護者の支援が得意。

和光会(岐阜)

地域包括ケアシステムを自法人で各地域に完成させる取り組み。地域連携も得意。

ひだまり(和歌山新宮)

地域の重度者や困難者の受け入れが各自治体からの信頼が厚い。「困った人を助ける」「すぐ受け入れます」が合言葉
などの方々が理念基づく経営を情報交換をしながら学んでいる。

船井総研介護研究会(介護サービス経営研究会)

営業手法、理念追及、人材教育などのコンサルタント集団、弊社は他法人の事例を教えていただいています。介護部門の会員投票で2015年MVPを受賞

保健・医療・福祉サービス研究会(HMS)

厚生労働省の担当者、各教会協議会の方がセミナーを実施、国の方針の解説(例:報酬改正の解説など)などの情報提供。研修の実施

④広州シルバー産業協会

中国・広州市の老人ホーム協会。300近くの施設が入会しており、日本の介護などを取り入れようとしている。定期的に弊社と情報交換を提供。

平成27年4月協会の会員20名近くが川崎市多摩、麻生区を中心に介護施設を視察。10月には日中交流会を御殿場で開催。
平成26年12月広州市で展示会を開催。

NPOこども學舎たすけあいフクロウなどと情報交換

 

地域と一緒の中で取り組みます。

 弊社が最近取り組んだ事例

◆事例1

90歳の方がおひとりで住まわれていました。がんが見つかり、電車で1時間のところから89歳のご兄弟が介護をしに来られていました。さすがに長く持たず、ご兄弟の方は家に帰れなくなりました。そして今までやっていた食事や洗濯もできなくなり困っていました。他社のケアマネさんからの依頼で弊社の施設で生活をされるようになりました。引っ越しから50年近く住んだ家の片づけなども行いました。行政にも協力をお願いしながら半年間かけて解決に取り組みました。

◆事例2

ある独居の方がいつの間にか認知症になっていました。ご子息様がいたのですが生活するのにいっぱいいっぱいで介護まで手が回らず、食事や入浴もままならない状態でした。ご子息さんがもう限界で介護ができない状態を地域の方が心配して弊社に相談。グループホームで即日緊急入所をしました。

◆事例3

金融機関のお客様が介護で困っている。不動産屋さん、建築会社の方がご家族の方が介護で困っている。などの各企業のお客さんが営業担当者に相談をしてくると弊社に相談を繋げます。ほとんどがケアマネさんがいるので地域包括などを通して情報提供などを解決を図ってきました。昨年度地域で10件程度ありました。そのうち1件は緊急な状態を理解できず、その場で医師、看護師を呼んだ事例もありました。

このような地道なことをしながら地域と一緒に取り組んでいます。

皆さんが気にされていること

心配していることはみんな同じです

 

看護師さんのほとんどが病院勤務なので以下ののようなことを気にされています。

①在宅に行くこと

訪問することへの抵抗・・・
弊社の中の事業所で連携をして壁を低くしていきます。また他法人の力もお借りします。

②ひとり

今まで病院では近くに人がいたのですぐに聞いたり、ヘルプを求めることができました。これができないことを気にされます。
特に判断に迷う時や。あともし目の前で亡くなられたらどう対処していいかなど聞かれます。
事業所間連携や対応を事前に決めて置くことで解消します。

③管理業務

今まで帳票類や報告書、シフトなどは変わりません。経費や小口現金などのお金に関することが少しと戸惑われるようです。「収支」「利益」という言葉に抵抗があると聞かれます。
弊社の事務部門は相談がしやすいと言われています。サポートいたします。

④夜勤は?

オンコールにします。
私たちのヒント! しかし2つクッションを作ります。定期巡回随時対応との連携、グループホームの夜勤者のオンコールのお手伝いを考えています。

相談するところはところはたくさんあります。孤立するようなことはありません。ご安心ください。

弊社が2025年に向け取り組んでいること
 

①まずは在宅でといっても試行錯誤です。なのでグループホームを在宅と見たたて2025年に向けた在宅介護像を探っていきます。

②・・・この先は1月12日に記載します!お待ちください。

訪問看護で取り組もうと考えていること
 

介護施設って?と気になる方もいると思います。

①デイサービスで介護のノウハウを知っていただきます。

②訪問介護と在宅でのチームの組み方を検討します。

③ケアマネと在宅の介護の連携を検討します。

④居宅療養支援。薬局との連携を検討します。

⑤訪問医との連携を確認します。

なぜ「検討か」

新規で弊社では行います。一般的なやり方は分かりますが、弊社内でやり方をつくりながら行います。作られたものの上で行うのでなく、作りながら取り組みます。
なので私はこんな風にしたいという方や新たなものにチャレンジしたい方に向いていると考えています。

他との違い
 

ある全国最大の訪問看護フランチャイズは1日に6件の在宅を8時間で回るモデルで取り組んでいます。これではバテてしまします。
一般社団法人全国訪問看護事業協会 事務局長 宮崎 和加子様にご相談したところ1日4~5件でないとでないと看護師のモチベーションが保てませんとアドバイスをいただきました。
一緒に勉強をしている方々聞くとデイサービスも在宅の方です。なので一緒にやらないといけません。
まずはデイサービスと訪問2つを中心に行います。その分チームで動くことを他社より可能にいたします。もう少しお伝えしたいですが・・・お会いしてお話ししましょう!

 

ご連絡は
まずは面接でなくお話しを聞きに来てください。
そして、こんなことをしたいんですがとお伝えください!そのあと一緒にできるかを考えてからの応募で構いません!「結」グループ 株式会社日本ライフケア (有)タワラ、新百合ヶ丘たわら薬局にご連絡ください。

メールでのお問い合わせtakahasim@nihon-lifecare.jp

お電話044-819-4406(採用担当まで)

直接でしたら
川崎市麻生区片平2-30-1 柿生消防署出張所・農協横、柿生ルミナス保育園併設、柿生交差点にお越しください。

薬剤師募集

新百合ヶ丘たわら薬局 薬剤師募集中 急募

お問い合わせは、薬局まで044-959-2667にお気軽にご連絡ください。
車通勤可・保育園の通園などのご相談も承ります。正社員・パートもご相談ください。